明日の会話のヒーロー

小林麻央さんへの追悼で
自撮りからの大炎上

炎上,小林麻央

炎上した方のポエム↓




職場で涙…

34歳で旦那さんと
子供たちを残して亡くなるなんて…

悔いしか残らない。



<中略>




真央ちゃん…


やっと痛みから解放されたね

ながいながーい治療
奇跡にかけて…
家族のためによく頑張りました




そしてその下に刻まれていたのが・・・





#ご冥福をお祈りします
#病棟騒然#職場で
#大泣き#仕事中
#みんな心配する
#いろいろ重なる
#まだ死ねない
#やりたいことたくさんある#未来
#海老蔵#小林麻央
#forever
#love
#天国で見守ってるよ




怒涛のハッシュタグ


まあこのようなことをしでかしたので
大炎上騒ぎになってるようです。

凄く個人的なことですが
私は母親を同じガンで
同じような闘病の末にこの世を去ったので
連日上がる報道は
母親の闘病中の姿を思い出すので
なるべく見ないようにしてました。

なので詳しい経過は知りませんが
自分でブログを立ち上げ
亡くなる直前まで更新し
凄く前向きに闘病されていたようで
小林麻央さんに元気づけられた方も
多数いらっしゃったと思います。


さて、ここでこの炎上した女性は
どのような考えでこのような事をしたのか?


1・悲しんでる私かわいいでしょ?を
アピールしたかった。



まあここが本命でしょうね。

吟味を重ねた
渾身の自撮り付きですし。


怒涛のハッシュタグ構成から見るに
注目を浴びたかったようですので
大成功と言っていいでしょう。



計算外だったのは
「かわいい」という賛辞ではなく
「罵倒」だったことでしょうか。


2・本当に悲しかった


すご~く確率が薄いですが
もしかしたら
本気で悲しんでたのかもしれません。


それがたまたま渾身の自撮りを
セットで上げちゃってたとしても。



それがたまたま名前の漢字を
間違えちゃってただけにしても。



たまたま上から目線で
「よく頑張りました」と
言っちゃってたとしても。


本気で悲しんでたのかもしれません。


悲しんでた可能性は
宝くじの一等が当たるぐらいの確率ですけど。




3・そもそも炎上狙いの売名行為だった


詳しく見ていないんで
わからないですけど
もしこの方が
タレントの卵とかだったりしたら
売名行為で行ったのかもしれませんね。

自撮りを上げるとか
名前を間違えるとか
上から目線ポエムとか。

どれひとつとっても炎上しかねないのに
3つもまとめてセット販売し
トドメとばかりに
怒涛のハッシュタグ攻勢から見ると
もしかしたら売名行為だったのかも?


なりふりかまわず嫌われ者でもいいから
世に出ていって
「2匹目の加藤紗里」狙いだったとしたら
いい売名だったんじゃないでしょうか?


不謹慎すぎるので
局でもこの人は使わないでしょうけど。



自己顕示欲、承認欲求は誰でもあります。
もちろん私もありますけど
ぜひ見極めて頂きたいもんですね。

 

 

 

 

話の振り方

相手「うわ~!!!やらかした~!!」

あなた「どうしたんですか?」

相手「(仕事 もしくは勉強)で
ミスしちゃった・・・」

あなた「うわ、それは大変!
とりあえず1枚撮りましょう!
カメラカメラ!」

相手「・・・・なんで?」

あなた「もちろんミスった私かわいい」を
全世界に向けてアピールするためですよ☆
ついでに私も友人を
心配してるあたしかわいいアピールしますね☆」

相手「・・・殴られたい?」

補足

小林麻央さんの話は
絶対に茶化すことができませんので
話のネタにするときは
少ししんみりする覚悟で振りましょう。

上の話の振り方は
炎上ネタを題材にしたボケみたいなもんです。

なお本気の大失敗した人には
上の話の振り方は
本気でキレられるので
ボールペン落とした!とか
ちょっと書類を書き間違えた!とか
小さなミスのときにやってください。

じゃないと喧嘩になりますので。