明日の会話のヒーロー

女に見下されるが
男にはモテる方法

ガイアが俺にもっと輝け

明日の会話ネタとはちょっと違いますけど
「どうしても男にモテたい!」という女子。

誰だって理想は
「お金持ちでイケメンで
性格が超合って私を大事にしてくれる人~」
でしょう。

しかしそんな男を手に入れるのは
数多のライバルを蹴散らし
血で血を洗う争いを
潜り抜けたもののみ!

そんな争いに疲れたあなたに贈る
{てっとり早くモテる方法」


「カスみてえな男にもててもしょうがねえ」って
思うでしょうけど
世の中万事「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」で
寄ってきた男から吟味してチョイスすりゃ
多少は厳選できるというもの。

「かわいい女演じろっていうの?」
「性格まで変えて演技すんの?」

いいえ、そんなたいそうな
仕掛けはございません。

たった一個、宣言すりゃ
少なくとも好感度は絶対あがります。

ただ同性からは若干見下されます。

同性に見下されても「男を確保ぉぉぉ!」と
思ったあなたは試してください。






「私、吉野家とかラーメン屋に
デートで行っても満足しちゃう☆」




たったこれだけ!
これだけで好感度うなぎ上り!

男の8割はぶっちゃけ
「飯にたいそうな金をかけたくない」
これが本音。うん。

男は腹いっぱいになりさえすればいいのか?と
聞かれましたら「その通りだ」と
答える男は8割。これマジで。


お姫様扱いされたい女子はもちろんのこと
「同性から舐められる」感があるこの宣言を
するのはなかなか根性がいりますが
「とにかく男がほしい」と
崖っぷちに立ってるなら
ぜひ挑んで頂きたい!


あまり無理強いではありません。

やはり女たるもの
「自分をお姫様扱いしてくれる男性」を
欲しくなるものですしね。

なのでもうやべえ!と。
とりあえず誰でもいいから確保してえぞ!と。
切羽詰まった時に軽くアピってみてください。

「私、牛丼・ラーメンで満足できます」と。

間違いなく好感度は上昇するとお伝えしておきます。

 

 

 

 

補足

あくまで切羽詰まってる人のみです。
いい男を執念深く探して
手に入れるのも女の人生の幸せ。